プラセンタなら副作用が少ない

プラセンタなら副作用が少ない

睡眠障害にはサプリメントとしてメラトニンを摂取する方もいるでしょう。

 

睡眠の質を上げるにはメラトニンが必要なことは、多くの人に知られているからです。

 

しかし、メラトニンのサプリメントは持続力がよわく、服用量が多いと副作用の問題も指摘されています。

 

たとえば、日中の眠気が強くなってしまったり、体のだるさを感じる人もいます。

 

ほかにも血圧低下や腹痛などを伴うこともあるといいます。

 

子どもの場合では、生殖器官の成熟を阻害してしまい、ホルモン生成にも影響を及ぼすともいわれています。

 

大人の場合でも、性機能の低下が副作用として現われる人もいます。

 

プラセンタならメラトニンの原料を補給するだけですから、メラトニンの合成を自然な形で促がし、必要以上の量はつくりだしません。

 

プラセンタというと高価なものというイメージがあるかもしれませんが、安価な商品も売られていますから、子どもから大人まで幅広い人に使ってもらうことができます。

 

睡眠の問題でメラトニンサプリメントの服用を考えている方は、プラセンタを選んでみるのもよいでしょう。

 

プラセンタにはほかにも、抗酸化作用、抗炎症作用、免疫力アップ、自律神経を整える働き、抗アレルギーなど、いろいろな効果が期待できます。