入眠対策におすすめ

入眠対策におすすめ

プラセンタサプリメントは、睡眠障害の人の対策となるのですが、実はこの効果は持続せず短時間である可能性もあります。

 

プラセンタに含まれるアミノ酸を原料として、メラトニンの生成が促がされます。

 

メラトニンは眠気を起こすホルモンで、寝るためには必要です。

 

ただし、メラトニンの作用は長時間は持たせることができず、夜中はつねにメラトニンが新しく分泌していることになるのです。

 

そのため、プラセンタのようにメラトニン生成を促がす場合、寝る前に服用して、入眠対策に利用するとよいのです。

 

その後は体の機能により自然な形で促がすのがよく、プラセンタの自律神経を整える作用がよい方向に働きます。

 

自律神経は体温調節や、血圧を調節する働きを持っており、自律神経が乱れている方は、寝る時間になっても交感神経が優位になっています。

 

プラセンタの自律神経を整える働きが得られれば、寝るときに必要となる副交感神経が働き、眠りを持続する効果が期待できます。

 

よい眠りのためにはメラトニンの分泌を促がすだけではダメで、自律神経を切り換えて副交感神経を優位にしなければならないのです。

 

だからこそプラセンタはサラリーマンなど、睡眠の質を上げたい人にも選ばれています。

 

美容によいと思われがちなプラセンタですが、実は睡眠障害を抱える人にも選ばれており、知っている人はこの効果を得ていたのです。