ブルーライトの弊害

ブルーライトの弊害

睡眠力アップのためには、プラセンタでメラトニン生成力をアップすることが必要だと説明しましたが、実はメラトニン生成を阻害してしまう光があきらかになっているのです。

 

その光とはブルーライトです。

 

ブルーライトは蛍光灯やテレビ、ゲーム、スマホ、パソコンなど多くの場所から発生しています。

 

現代人はブルーライトを多く浴びる機会があり、メラトニンの生成さえも抑制している可能性があります。

 

サラリーマンのように働く人に睡眠障害が多いのも、長時間ブルーライトを浴びる影響が考えられます。

 

大人だけでなく子どももスマホやパソコンなどで、ブルーライトを浴びる機会は増えており、眠気の問題は幅広い人で影響しているといわれています。

 

逆にメラトニンの生成を阻害しないのが、白熱電球です。

 

寝る前にプラセンタを飲んでメラトニン生成を促すことも重要ですが、それと合わせて電球色も変えてみてはどうでしょうか。

 

とくに夜のリビング、寝室などはブルーライトが発生する蛍光灯やLEDは避けるようにして、白熱電球のように赤やオレンジ色の光を利用するようにしましょう。

 

寝る前のスマホもブルーライトの影響を受けており、睡眠のためには避けるのが無難です。