メラトニンの働き

メラトニンの働き

プラセンタが眠気対策によいといわれるのは、プラセンタに含まれるアミノ酸によりメラトニンが生成されやすいからです。

 

では、メラトニンとはどのような働きを持っているのでしょうか。

 

メラトニンは脳にある松果体にて生成され、トリプトファンとビタミン12があってはじめてつくられています。

 

メラトニンは睡眠に必要なホルモンで、睡眠直後のノンレム睡眠を促がし、深い眠りをもたらせる作用があります。

 

このときには、成長ホルモンの分泌が促がされ、体の成長から細胞の修復まで行っています。

 

ノンレム睡眠とは大脳皮質を休ませるための睡眠ともなり、メラトニンがしっかり分泌しないと脳が休まりません。

 

メラトニンは睡眠時間の1〜2時間前に分泌されはじめ、その後眠気が起きるようにできています。

 

深夜の2〜3時くらいは分泌量がピークとなり、深い眠りについて体や脳を修復させています。

 

睡眠の問題を抱えている方は、寝る時間帯の1〜2時間前から対策をしなければならないのです。

 

もちろん、メラトニンの合成に必要となるアミノ酸やビタミン12などの栄養摂取も日々必要となり、プラセンタなら豊富な栄養素でメラトニンの原料になる栄養補給ができます。