脳神経の損傷を防ぐ

脳神経の損傷を防ぐ

プラセンタでメラトニンの生成を促がすことができれば、メラトニンの働きにより、抗酸化作用が得られて脳神経の損傷を守ることができます。

 

海外の研究では、メラトニンが脳神経の損傷を防いでいることを発見しており、年齢により発生する活性酸素の無害化をすることができると注目されています。

 

脳の損傷は認知症やパーキンソン病など、少しずつ脳が損傷していき、正常な生活さえもできなくなってしまうことがあります。

 

しかし、メラトニンを与えた動物実験では、マウスの損傷を防ぐ働きが確認されており、人への応用も期待されているのです。

 

メラトニンの生成によいのは、プラセンタに含まれるアミノ酸がおすすめなのですが、実は脳の損傷まで防ぐ働きがあるとは思っていない方も多いでしょう。

 

誰でも老化により物忘れが増えたと感じてしまい、体内で発生した活性酸素の影響で脳がダメージを受けてしまうのです。

 

それが進行すれば認知症などの病気となりかねず、プラセンタでメラトニンの生成を促がすことは、眠気のみならす脳の損傷を抑える効果も期待できます。

 

寝ている時には成長ホルモンが分泌され、細胞の損傷を修復していることはよくしられています。

 

しかし、睡眠とは成長ホルモンだけの影響を受けているのではなく、メラトニンの働きで脳を守っているともいえるのです。