うつ病改善にもおすすめ

うつ病改善にもおすすめ

プラセンタでメラトニンの生成レベルがアップすれば、眠気の予防に繋がるだけでなく、うつ病の改善にもよい効果を出す可能性があるのです。

 

ある研究ではうつ病にかかっている人は、メラトニンレベルが低いことがわかっています。

 

その量は60%程度と低く、メラトニンの生成を増やすことが、気分的な落ち込みを改善するカギとなるのかもしれません。

 

プラセンタ自体にも、抗ストレス作用があるとされており、メラトニンの生成がうまくいくようになり、精神的な問題も解決するようになったのではないでしょうか。

 

近年ではうつ病の治療にプラセンタ療法を使うところも出てきており、プラセンタが睡眠障害だけでなく、心の病気までも解消するきっかけとなる可能性があります。

 

現にうつ病を発症している人の多くは睡眠障害を抱えており、メラトニンの生成が少ないからこそ、気分が落ち込んでいるとも考えることができます。

 

サラリーマンの方は、日々仕事のストレスを受けていると思いますので、プラセンタにてストレスに打ち勝つ力を備えて、快適な睡眠のためにメラトニンを生成するようにしてみましょう。

 

うつ病になってからだとなかなか治療も上手く行かず、その前にプラセンタでメラトニンを生成しやすくして、眠気対策を行うことをおすすめします。