サラリーマンに選ばれる眠気対策、プラセンタサプリ

プラセンタとメラトニン

プラセンタがなぜ眠気対策によいのかというと、メラトニンの生成と密接な関係を持つからです。

 

プラセンタには豊富なアミノ酸が含まれており、人が体内ではつくることができない必須アミノ酸も含まれています。

 

ほかにも非必須アミノ酸も含まれており、アミノ酸を原料にしてメラトニンがつくられることから、プラセンタは眠気対策としても人気があります。

 

メラトニンとは脳のほぼ真ん中にある松果体と呼ばれる部分で分泌するホルモンで、小指の先よりやや小さな器官から放出されています。

 

メラトニンは睡眠に必要なホルモンとなっており、夜にこのホルモンが分泌することで眠気を感じています。

 

サラリーマンなど生活が不規則な方は、食生活の乱れでメラトニンの材料が不足していたり、生活リズムの乱れでメラトニン生成ができなくなっている方も多いようです。

 

メラトニンの原料となるのはトリプトファンというアミノ酸で、食事から補うことができます。

 

トリプトファンは必須アミノ酸のひとつで、体内では合成することができず、不足してしまうことがあります。

 

本来は食品から摂取すべきで、乳製品やナッツ、肉類などから摂取するのがよいのですが、食生活が乱れがちな方は不足しやすいため注意する必要があります。

 

トリプトファンは酵素が働いてセロトニンとなり、セロトニンに酵素が働いてメラトニンへと変換します。

体内時計をきめるメラトニン

人が夜になると眠くなるのは、体内時計がきちんと働いている証拠です。

 

逆に体内時計が崩れていると、人は夜になっても眠くならず、いつまで経っても寝れず、お酒に頼る人も出てきてしまいます。

 

サラリーマンなどでは、ついつい夜寝るときにお酒に頼る方も多いのではないでしょうか。

 

お酒に頼り眠気を誘う方法は、根本的な解消にはならず、体内時計は狂ったままです。

 

では、何が体内時計を整えているのかというと、メラトニンなのです。

 

メラトニンはプラセンタの持つアミノ酸でも合成することができるホルモンで、このホルモンがなければ体内時計は狂ったままとなります。

 

人間のリズムは1日に25時間ともいわれており、24時間にリセットして体内時計の狂いを整える必要があります。

 

朝に太陽の光を浴びることで刺激を受け、メラトニンを生成することができます。

 

実は松果体に直接光が届くのではなく、視覚から入った光が脳に伝わり、メラトニンの生成を促がしているのです。

 

つまり、規則正しい生活をしていなければ、メラトニンを生成する働きが起きないということです。

 

プラセンタでメラトニンの材料を摂取して対策することはもちろんですが、それに合わせて朝日を浴びる対策も必要となります。

 

プラセンタについての比較をみる! 

参照リンク

睡眠が整うと免疫力もアップ

嬉しいことに、プラセンタで睡眠の質をアップさせる対策をすると、免疫力までも上がることがわかっています。

 

プラセンタでメラトニンの生成が促がされると、メラトニンの免疫力を高める働きが起こり、病気にかかりにくいことが判明しています。

 

メラトニンを与える研究では、NK細胞の数が増えることがわかりました。

 

NK細胞とはがん細胞を攻撃する免疫細胞のことで、人のからだには欠かすことはできません。

 

ほかにもウイルスや細菌をやっつける免疫機能も高まり、メラトニンがしっかりと生成されている人は、風邪にかかりにくいことがわかってきました。

 

睡眠の質をプラセンタで上げることは、単なる睡眠不足解消や肉体疲労の予防だけではなかったのです。

 

プラセンタ自体にも免疫力アップ効果や、自律神経を整える働き、抗酸化力を高める働きなどがあるため、プラセンタ自体でもアンチエイジング対策ができます。

 

加えてメラトニンの生成力もアップすることができれば、さまざまな病気に打ち勝つ力を身につけ、老化予防にもなるといえるでしょう。

 

メラトニンは睡眠の質を高める物質として注目されていますが、分泌量がアップすれば、同時に病気も防ぎ、よい効果をもたらすことができるのです。

 

プラセンタサプリの知識を教えます!